美容成分「プラセンタ」

プラセンタとは

ピュアビューエッセンス(プラセンタ)

プラセンタは哺乳類の動物の胎盤のことです。
主に美容成分としては哺乳類の胎盤を指していることが多いです。

原料として使用されるのは豚、馬が多く、一部には羊が使われています。

古くは牛のプラセンタが主流でしたが、BSEの発生以来、感染の危険を避けるため、現在では牛は使用されていません。
ただし、現在までプラセンタによって、人がBSEに感染したという事は確認されていないようです。
一応、念のためリスクを排除するということのようです。

また、注射薬や点滴に使われる薬には人のプラセンタを使用しています。
サプリメントや化粧品には人のプラセンタは使われず、逆に注射薬としては人のプラセンタ以外は使われていません。

植物や魚介類にも「placenta」という部分が存在していて、それぞれ植物性のプラセンタ、マリンプラセンタなどという事もあります。
植物では種子を作る胎座といわれる部分が、魚介類では卵を包み込む卵膜といわれる部分が、それぞれ胎盤と同じような機能の部分をプラセンタといいます。
しかしプラセンタの成分で重要視されている成長因子が植物や魚介類には存在しないので、動物性のものとは分けて考える必要があります。

プラセンタは様々な栄養が沢山あるばかりではなく、EGFやFGFといった細胞を活性化させる、または成長を助ける作用のある成分が含まれています。
成長因子は肌の角質細胞に作用して、細胞の生まれ変わりを早め、若い肌をつくるといわれていますので、とても重要な成分なのです。

古くはマリーアントワネットや楊貴妃も使用していたといわれており、「若返りの秘薬」などともいわれていたようです。
女性が若く美しくありつづけたいと思うのはいつの時代でも同じですね。

プラセンタ製剤はいままでとても高価で、コスト的に一般的ではなかったのですが、最近はコストダウンがはかられて一般にも広く利用できる水準の価格になってきました。

ピュアビューエッセンス(PL)のプラセンタ

ピュアビューエッセンステクスチャー

ジャパンギャルズのピュアビューエッセンス(PL)は化粧品用のプラセンタ原液をそのまま使用しています。

 

プラセンタの濃度は濃い方が効果が期待できるとされていますので、低価格なわりには内容は贅沢な商品になっています。

 

プラセンタはいってみれば動物の臓器を原料にしていますので、獣臭がつきものでしたが、ピュアビューエッセンスはそれほど匂いもきつくなく、使用していて気分が悪いことはありません。
ただし、香料も含まれていないようですので、格別良い匂いもしませんでした。
テクスチャーはトロリとした感じですが、手にとるとサラサラとしていて伸びが良かったです。



 
ピュアビューエッセンス プラセンタとは? セラミドとは ジャパンギャルズの商品一覧